So-net無料ブログ作成

jazz spot YAMATOYA [マッチコレクション(ジャズ喫茶)]

 いつも思い出のジャズ喫茶のお話ばかりでしたが、今回は今も頑張っておられる現役のジャズ喫茶、創業40年近い京都、熊野神社近くにあるYAMATOYAさんです。

 前回来たのは昨年春です。その後何回か来ているのですが、どういうわけかいつもお店の定休日の水曜とパッティングしてしまって、ようやく今回久し振りに訪れることが出来ました。

 

P1290639.JPG

 と言っても、あちこちであれこれ用事を済ませ、やっと辿り着いた頃、露地の入り口は早い秋の夕暮れが迫り、看板に灯が灯っていました。

 まだ2回目なのに、入っただけで懐かしさに包まれます。フロアには数組の客、奥のカウンターにも一組、そしてカウンターの中にマスター夫妻、前回は奥さんだけでした。私はカウンターの一番端の席に腰掛けました。

P1050535.JPG

P1050538.JPG

(店の奥にあるアンティークなオーディオコーナー、数え切れないレコード群と夢のようなオーディオ装置です。この写真は、前回来たときママさんに許可を得て撮らせていただいたものです)

 街中を歩き回って来たので、席に着いたときはほっとしました。マスターがその場で引き立てのコーヒーを入れてくれます。おいしいコーヒーを飲みながら、Jazzに耳を傾けます。

 かかっていたアルバムジャケットは見たことがないものでしたが、典型的なハードパップの演奏です。お店自慢のバイタボックスのスピーカーがアンティークなアップライトピアノの両脇で暖かみのある音を奏でていました。

 座ったカウンターがこの前よりスピーカーよりだったせいか、音はこの前より大きくはっきりと感じられました。とくにベースの音が一音一音しっかりしていて、つま弾く音に粘りと心地よい伸びが感じられました。聞いていて気持ちよくなる音です。

 一時、お客が私一人になり、ママさんも引き上げられたのでマスターが話しかけてこられました。マスターとは初めてなのに、同世代(たぶんマスターの方が上なのでしょうが)同じジャズ仲間、ずっと昔からの知己のような気がしました。

 昨年来たとき、露地を入っていったところで、デジャブのように前に来たことがあると感じました。もう30年ほど昔の話です。その時の記憶が正しければ、そのお店は2階建てでした。それで今回そのことをマスターに聞いてみたら、やはり昔は二階もやっていたそうです。二階を閉めてからもう20年近くなるのだそうです。

フィニアス・ニューボーンjr2.jpg

 曲はフィニアス・ニューボーン・JR.「A World Of Piano」に変わっています。以前から欲しいと思いながら、まだ手に入れていないレコードです。聞いたらよけい欲しくなりました。

 マスターとお喋りをしながら、もっとゆっくりしていたかったのですが、帰る時間が迫っていたので、フィニアス・ニューボーン・JR.の演奏が終わるのを待って、席を立ちました。

 

 YAMATOYAさんのホームページはこちらです。

http://www.jazz-yamatoya.com/


nice!(8)  コメント(8) 
共通テーマ:音楽

nice! 8

コメント 8

mwainfo

いい記事を読ませていただきました。東京にも同様のジャズ喫茶が
あります。若きジャズミュージシャンへの応援を兼ねて、月に1~2度、
ジャズライブを開催します。皆さん、結構頑張ってやっています。
by mwainfo (2008-10-11 15:04) 

tempo

YAMATOYAさんは昔、月1で京都に行っていた時に1度は行きたいと思っていましたがかないませんでした。良い雰囲気のお店ですね。
by tempo (2008-10-11 20:29) 

空兵ーS

mwainfo さん
YAMATOYAさんも暮れにコンサートを催されるそうです。
ジャズ喫茶、若い人たちにとっては、新しい文化の入り口、私たちにとっては都会のオアシス、いずれにしても今や貴重な存在です。ぜひ、頑張ってもらいたいですね。

by 空兵ーS (2008-10-11 20:46) 

空兵ーS

tempoさん
30年ほど前に行ったかすかな記憶では店はもっときらきらしていた気がします。今は、アンティークな雰囲気に年輪が備わって、至極しっくり来ています。音も、暖かみのあるジャズを聞かせてくれます。
by 空兵ーS (2008-10-11 20:55) 

イチロ

お店の中の佇まいがとても良いですね。
煉瓦の色調が落ち着いた雰囲気を醸し出しているように思われます。
こんなお店で、過ごす時間は何物にも代え難いものですね。
そこには、暖かさもあり。
ところで、一枚目の写真の奇妙な果実の看板気になりますね。
by イチロ (2008-10-11 21:22) 

空兵ーS

イチロさんこんばんは
オーナーが意図したお店の雰囲気が、年輪とともにますます深みと暖かみ、落ち着きのようなものを増してきているような気がします。
「奇妙な果実」の看板は、何なんでしょうね。たぶん、このお店の二階部分、以前はジャズ喫茶だったところだと思うのですが。art work shopとありますが、今は使われているのかどうか・・・
by 空兵ーS (2008-10-11 21:58) 

FUCKINTOSH66

おぉ〜!これぞジャス喫茶ってイメージのお店ですぅ♪ 路地にあるってとこもピッタリな感じで。店内、照明も家具もオーディオの種類も、完璧なまでにマッチしてますねぇ。煉瓦の棚? なんだかニューヨークっぽいです☆ 時間やいろんな拘束を忘れて、好きな音楽とお茶でゆっくりできる場所、最高ですよねぇ

あ、ブログのデザイン変えられたんですね。前のも良かったですけど、これもすごくシックリきてますね♪ 暮れていく夜の感じと灯り、ジャスに似合います☆
by FUCKINTOSH66 (2008-10-14 11:07) 

空兵ーS

FUCKINTOSH66 さん
いつもありがとうございます。
歴史もあって、本当にぴったりのジャズ喫茶という感じです。
煉瓦の棚?はたぶんオーディオ用で、振動を排除するためではないかと思いますが、素敵なインテリアにもなっていますね。
この日は長くいたわけでもないのですが、このお店の音が気持ちよくて、すごくゆったりした気分に浸れた気がしました。
by 空兵ーS (2008-10-15 20:15) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
灯が恋しくて京都 08秋 ブログトップ
ブログを作る(無料) powered by SSブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます